シュノーケリングとダイビングの相違点

沖縄青の洞窟は有名な観光スポットです。透き通った海と太陽の光が織りなす絶景を楽しめると好評です。この美しい景色を堪能する方法としてはダイビング、シュノーケリングの2つの方法があります。この2つの違いわかりますか?

シュノーケリングとそのメリット

水面上に筒先を出し水中で呼吸するシュノーケリングは、呼吸できる程度の浅瀬で海中を遊泳する方法です。シュノーケル、潜水用ゴーグル、足ヒレ(フィン)の3点あれば、できるのでとても手軽なマリンスポーツです。
ライセンスを必要としないシュノーケリングはこどもから年配の方まで幅広く楽しむことができます。シュノーケルに水が入ったときの操作を覚える必要があります。誤って器官に水を取り込んでしまうと危険だからです。

ダイビングについてとそのメリット

潜る水深が浅いシュノーケリングに比べ、空気ボンベを背負って潜るスクーバダイビングは、空気がある限り長く深く潜ることができます。専用ライセンスがない場合は、ライセンスを持つ指導者の元でないとできないのが難点です。
潜水時間が長いのできちんとした装備をそろえて行う必要があります。シュノーケリングよりも制約はありますが、一度体験するととりこになってしまう人が多いほど魅力を発見できるでしょう。
ライセンスや用具がなくても体験できるのが沖縄青の洞窟のダイビングスポット。シュノーケルからダイビングまで水着だけ用意すれば、ライセンスがなくても簡単に体験できます。費用は、ショップによって差はありますが7000円〜と手軽です。

青の洞窟は観光のついでに気楽に体験できると人気

シュノーケリングなら5歳からでも体験でき、家族で沖縄の魅力を肌で感じられるのでお勧めです。ダイビングは、12歳〜であれば体験可能。年配の方も年齢制限はありますが、必要書類を提出し、健康上問題ないことが体験できるので相談してみましょう。
大きな用具をもっていかなくても体験できるので観光のついで体験してみるのもいいでしょう。美しい海の世界に魅了されることは間違いありません。

関連する記事